M E N U

トップページ

初めての方へ

ある先輩との会話

ナポレオンヒルとは

ナポレオンヒルと富豪たち

父より息子への30通の手紙

思考は現実化する?

格差社会の中で

将来に対する備え

茹で蛙の例え

不安に打克つもの

あなたがもしこういう人なら

無料の資料請求

リンク集

お問い合わせ

スポンサードリンク

あなたが願うところは何だろう。経済的な成功だろうか。それとも夢見ていた職業につきたいということだろうか。

また幸せな家庭を持ちたいということだろうか。

夢や願いは何でも構わない。しかしあなたの夢や願いは強い渇きを伴ったものだっただろうか?

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

   【スポンサーリンク】


思考は現実化する。しかしあなたがテレビを見ながら、「何かいいことないかなあ」と思っただけだったならば何も起こらないはずだ。

あなたが巨万の富を夢見ながら、風水を元に金色の置物をおいただけなら、おそらく置物代だけ貧乏になっておしまいだろう。

或いは滝に打たれ苦行をしながら、大金を願っても結果は叶わないだろう。

それはあなたの娘が、外国語大学に入りたいと願いながら単語ひとつ覚えようとせず、学業成就のお守りを買って安心しているのと同じだ。

金の置物を飾ることも、滝に打たれて願うことも、成功や夢の成就とは何の因果関係もない。

努力しろ、ということだろうか。それなら言われなくてもわかっている? そうだ。だれもがわかっていながらだれもができないでいる。

ナポレオンヒルの成功哲学プログラムは、我々の持つ夢や願いを現実化するために、我々の深いところに強い渇きを覚えさせてくれる。夢が叶ったときの熱い興奮を予感させてくれるプログラムなのだ。

だからできるのだ。努力を苦労と思わなくてできるのだ。だから思考が現実化すると言えるのだ。


あなたは今日も見送るのだろうか。昨日までと同じように。

無料の資料さえも見ることをためらうのだろうか。