M E N U

トップページ

初めての方へ

ある先輩との会話

ナポレオンヒルとは

ナポレオンヒルと富豪たち

父より息子への30通の手紙

思考は現実化する?

格差社会の中で

将来に対する備え

茹で蛙の例え

不安に打克つもの

あなたがもしこういう人なら

無料の資料請求

リンク集

お問い合わせ

スポンサードリンク

茹で蛙のたとえは有名だ。急に熱くなれば飛び出す蛙も、ゆっくりと熱していけば出るタイミングを失い茹で上がってしまうというものだ。(真偽は不明)

あなたはどうだろうか。今日はもう疲れたから、明日にしよう。そう思っていないか。そう思っているうちに…

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

   【スポンサーリンク】


このことを危機感をもって受け止めることができたら、それはチャンスだ。

しかしほとんどの人はなるほど、と読んで忘れてしまう。なぜなら生まれてこの方、明日がこない日はなかったからだ。

明日がある。そう思えるときは幸せだ。しかしその日は突然現れるだろう「今日では遅かったのだ」と後悔する日が。あなたの周りであなたよりも若い人が「明日がある」と歌っても、あなたには「もうない」「もう遅い」という日が来るのだ。

「警告があったじゃないか」

あなたが今行動をおこさなければ、大きな後悔をしながら、今日、この文書を読んだことを思い出すことになるかもしれない。