M E N U

トップページ

初めての方へ

ある先輩との会話

ナポレオンヒルとは

ナポレオンヒルと富豪たち

父より息子への30通の手紙

思考は現実化する?

格差社会の中で

将来に対する備え

茹で蛙の例え

不安に打克つもの

あなたがもしこういう人なら

無料の資料請求

リンク集

お問い合わせ

スポンサードリンク

会社の中での格差が始まっている。できる奴とできない奴の差は即収入に跳ね返り、上からも下からも果ては家族からも厳しい評価にさらされる過酷さだ。

仕事だけではない、あいつなんだか最近儲かっているな、という同僚、友人が増えている。資産の運用や副業などをやっているらしい。

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

   【スポンサーリンク】


「ラスベガス型経済社会」と言われる。

残念ながら、昔のようにこつこつ働いて、横並びに皆が少しずつ豊かになっていく、という社会ではないのだ。一攫千金、という意味合いと誰かが儲かれば誰かが損をする、という弱肉強食型ゼロサム経済社会という意味がある。

誰もが金儲けにがっついているようで、悲しく、恐ろしいのは事実だが、乗り遅れてしまえば、家族さえ巻き添えになってしまう。

何か手を打たなければならない。

あなたもどこかそうした思いがあってこのページを読んでいるのではないだろうか。

情報は様々だ。掃いて捨てても毎日もうかる情報やセミナーの案内が山ほど届く。

確かな指針がなければ、翻弄されるだけで、情報の海に溺れてしまうだろう。


ビジネス書の古典と書いたが、大昔の本というわけではない。コンピューターがどんなに発展しようと、インターネットなどというものがができようと、今は見たことのない新しい技術革新が起きようと、その価値が薄れることがないので古典なのだ。